『オリジナル・・・ 第二章?』

『御菓子司むらもと』の 工芸菓子は 我流です


誰かに 教わった訳では 無く・・・

作り方等が 書かれた本や 他人の 作品を見て 学んでいます


作った生地さえも これで良いのか? 判断すら 出来ません ^^;


レシピだけで 皆 同じ物が 出来るとは 限りませんよね

それが よく解っているだけに

自分の 生地が 正しいのか どうなのかも 解りません



和菓子の 工芸菓子には 『芯』が あります

洋菓子の 飴細工や チョコの細工菓子には 無いですね(洋菓子の工芸菓子に ついては 詳しい事は 解りません 


食材以外の物が 工芸菓子に 使用されています

インチキじゃ無い?と 私も 思いました ^^;

工作なら それでも 良いのですが 菓子と 名が付くのに・・・・


工芸菓子を 作ってみて 気付いたのですが


工芸菓子は 工作では ありません!


菓子の 美しさを 表現するものです


形や 色合い等が 大切なのです (^^ゞ


本物そっくりに 作るのは 菓子職人さん以外の人でも 出来るでしょう?


ただ 和菓子の色合い? ・・・となると?


これを 出せるのは 和菓子の職人さんだけです


上生菓子でも 本物の色は ほぼ 求めません

淡くしたり 濃くしたり 美味しそうな 食思を誘う 色を 使います


工芸菓子も 同じです (^_^)/~


本物の色は 必要ありません

それと? 解れば 良いのです 

本来は 濃いめの葉っぱも 淡くすれば 若々しく 見えたり?

組み合わせによって 葉っぱの色が 重なるようであれば 濃淡で 趣を 変えたり?

和菓子の世界では よくある 表現方法です (*^^)v


芯は いずれ 消えて 見えなくなります


形も 大切ですが・・・

見せるのは やはり 菓子です


菓子らしさが あっての 工芸菓子です


本物そっくり?だけを 求めたものって ただの 工作ですね ^_^;


  

 




いつかまた?

つづく・・・・?