『上生菓子 桔梗と鉄線です』

『御菓子司むらもと』の上生菓子 『桔梗』です


うちにある鉢植えの桔梗も そろそろ咲きそうです


これもまた工芸菓子の観察用に購入したのですが・・・

紫色の桔梗は枯らしてしまいましたが

白色の桔梗は毎年さいてくれます


桔梗は花も良いのですが 蕾が好きですね (^^)/

後 蕊(しべ)の変化も面白いですね 






上生菓子といえば・・・

まず色が大切です

基本的には 白・黒・赤・黄・緑があれば 数種類の上生菓子が並んでも

色のバランスは取れます

次は形です 丸・三角・四角が基本ですが 楕円もあったり長方形だったり・・・

色と形の組み合わせで 上生菓子は表現されます

その次は菓子の素材になるのですが 今回はその話ではありませんので 機会があればその時にでも・・・(^^;)



『桔梗』は紫色で仕上げました 色の分類でいうと黒になると思うのですが(?)

分類上 黒という言い方をしますが 黒といっても黒色に限っているのでは ありません?(?_?)


小豆の鹿の子豆みたいなのも黒ですし 小豆羊羹も茶色ですが黒ですし・・・

重量感? 重い色のものは ほぼ黒の仲間でしょうか? (*^^*)


色のバランスを 引き締めてくれる色が 黒だと思うのです(…とおもうのです笑)



紫色を出す(餡を色づける)のは 自分的?には難しい作業なのですが・・・

数趣の上生菓子の中に ひとつあると 存在感もあるのですが 他の上生菓子にとっても 引き立て役として 活躍してくれます (^^)/





同じ写真ではありませんよ(笑)


上生菓子の桔梗の写真を アップしようとファイルの中の小さな写真を探していたら・・・?


同じ写真が二枚ある?・・・と 自分も勘違いしそうでした

小さい写真だったからですよ(笑)


   
紹介しそこなっていたのでしょう(?)


こちらは『鉄線』です (^^)/


花弁の数 花芯が違います


よく似ていますが・・・(^^;)


こうやって 和菓子屋さんは 上生菓子をいろいろと表現しているのです