『季節の和菓子から・・・ すいーとぽてと』

f:id:muramoto-wagashi:20211022181618p:plain

 

『御菓子司むらもと』の季節の和菓子 『和風すいーとぽてと』です

 

石川県産の加賀野菜のひとつ『五郎島金時』を使用した

スイートポテトです

焼き芋にした五郎島金時のペーストに 北海道産の大手亡豆を

自家製餡した白あん 卵黄・バター・餅粉などを加えて

焼き上げました (^^)/

 

和風と付くのは やはりあんこが入っているからでしょうか?(^^)

白餡を加える事で しっとり感が増します

和菓子屋さんがつくる スイートポテトも 美味しいですよ

お近くの和菓子屋さんでも見かけたら・・・

是非 お手にしてみられたらいかがでしょうか? 

お店ごとに 違ったスイートポテトが

きっと 楽しめます (^^)/

 

いきなり?の 寒さに 慌てて衣替え・・・

している今日この頃です (^^;)

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子から・・・ 栗甘納糖』

f:id:muramoto-wagashi:20211020053135p:plain

 

『御菓子司むらもと』の『季節の和菓子』 『栗甘納糖』です

 

甘納豆ではなく 甘納糖です(^^)/

寒くなりましたね 昨日の夜や今日の未明は 凄い雷が鳴っていましたし

急な秋って感じで 体調管理や 着る服・布団などの見直しが必要です(^^;)

 

栗甘納糖は 仕上がるまでに時間がかかるお菓子です

蜜漬けにしていくのですが 少しづつ少しづつ蜜の糖度を上げていきます

一気に糖度を高くしても 栗の芯まで蜜が入っていきません

 

f:id:muramoto-wagashi:20211020054301p:plain

 

渋皮付きと 渋皮無しの二趣あります

今回の渋皮無しの栗は クチナシ色素で着色してありません

渋皮付き栗は もちろん自然な色のままです

 

秋なのか夏なのかわかりにくい気温の髙い日がありましたが

そろそろ 温かいお茶と和菓子?

いかがですか? (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

『ハロウィン・・・特集?』

f:id:muramoto-wagashi:20211018165300p:plain

『御菓子司むらもと』の上生菓子です

『ハロウィン』用にと 作ってみました (^^)/

 

『ジャックオーランタン』(ジャック・オー・ランタン)です

かぼちゃ餡入りのねりきり製です

手作りの道具を使って 目と鼻と口を作りましたが

凹みにカットした羊羹をはめ込むのが 大変でした (^^;)

 

 

f:id:muramoto-wagashi:20211018165343p:plain

 

『ゴースト』です

ミルク餡入り ねりきり製です

 

ベロ(舌)に見えないという身内からの苦情にもめげず・・・

頑張りました(笑)

目のあるものって 少しの違いで大きく表情が変わります

可愛く見える様に 努力しました

手は「うらめしや~」みたい?

和と洋の融合です (^^;)

 

 

f:id:muramoto-wagashi:20211018165449p:plain

 

『コウモリ』です

珈琲餡入り ねりきり製です

 

ダークな感じで? ブラック珈琲餡です

月とコウモリで仕上げる予定でしたが・・・

作ってみると・・・ 寂しい感じ?

急きょ 蜘蛛の巣の 模様を追加で入れました

 

 

 

f:id:muramoto-wagashi:20211018174847p:plain

いつも通り?

ビニール版画版と三角刀です (^^)/

予備の版画版が無くなってしまいそうです

早めに補充しておかないと いざという時に 困ってしまいます 

こんな事もありますので・・・(^^;)

 

そうそう・・・

羊羹製の コウモリの形も オリジナルです

ある?葉っぱの抜型で抜いた後 手作りの道具でコウモリ風に?(笑)

してみました

 

 

 

f:id:muramoto-wagashi:20211018180528p:plain

 

三個入りのセットで販売始めました

 

上の写真の 左上に見えるのは 折り紙ですので・・・(笑)

うちの子が作りました ちょっとキモイ?(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子から・・・ 栗きんとん』

f:id:muramoto-wagashi:20211014172834p:plain

 

『御菓子司むらもと』の『季節の和菓子』 『栗きんとん』です

 

能登から届いた 栗を使用しています (^^)/

 

f:id:muramoto-wagashi:20210930185105j:plain

大きな栗が届きました

(一晩 じっくりと水に浸かってもらいました)

鬼皮を剥き・・・

渋皮を剥きます

 

f:id:muramoto-wagashi:20211001101855j:plain

渋皮を剥いた後 今度は じっくりと蒸し上げます

 

蒸し上がった後は すぐに裏漉しです

熱々の時に 一気に行います (^^)/

裏漉しに使う網のメッシュは 二種類です

裏漉しが終わると次は 少量の砂糖と 微量の自家製白あんを加えて

栗きんとん餡に仕上げます

白餡を加えるのは・・・?

つなぎの役目です(パサ付かないようにです)

決して かさ増しではありません(笑)

実際にそれ程の量は入っていません

栗きんとん餡が焚き上がると  再度二種類の網で裏漉しをします

 

栗きんとんが出来るまでには 様々な工程があり 手間暇がかかります

ご家庭でも 栗きんとんは作れますが

和菓子屋さんが作る 栗きんとんも 楽しんでみませんか・・・?(^^;)

 

栗と 少量の砂糖 微量の白あんだけで作られている為・・・

日持ちがしませんし 時間の経過とともに

風味も損なわれてしまいます

 

出来立ての味を 楽しんで頂きたく 冷凍販売のみとさせて頂きます m(__)m

小さな一口サイズの 栗きんとん三個入りです

解凍した後 お楽しみくださいませ (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

『和菓子から・・・ どら焼き・・・ですが』

f:id:muramoto-wagashi:20211011185027p:plain

『御菓子司むらもと』の和菓子 『どら焼き』を焼いています

 

暑い間(気温が髙い間)は お休みしていますが・・・

ようやく始めました 『クリーム入りどら焼き』です

 

お客様から 「もうすぐですか?」とか「まだですか?」とか

お問い合わせもありましたが・・・

お待たせいたしました 始まりました (^^)/

 

クリームの中には 能登大納言の鹿の子豆入りで

粒あんは 北海道産の大粒小豆を使用しています

どら焼きの生地も クリームに合わせた 別配合で焼いています

 

f:id:muramoto-wagashi:20211011190013p:plain

写真のように 上下の皮に あんとクリームをのせ

ふたつを合わせて 完成です (^^)/

 

クリームたっぷりの クリームどら焼きです

クリームは生クリームではありませんので お間違えない様に・・・ (^^;)

 

植物性のクリームですが ホイップクリームとも違います

『御菓子司むらもと』では 人気のどら焼きです (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

『上生菓子から・・・ 紫式部』

f:id:muramoto-wagashi:20211007172453p:plain

 

『御菓子司むらもと』の『上生菓子』 『紫式部』です

 

紫式部の別名は ミムラサキ、コメゴメだそうですが・・・

小紫(こむらさき 別名コシキブ)やオオムラサキシキブは花材として

この時季人気がありますが どちらも紫式部と呼ばれています

 

店の前の隅に 紫式部を鉢から出して植えたのが随分前の事ですが

鉢植えのままにしておけば 良かったかな~ (^^;)

大きくなるし 実のせいなのか根っこのせいなのか

別のところからも 顔を出して処理が大変です(笑)

 

f:id:muramoto-wagashi:20211007085510j:plain

お店の前の 紫式部です

実が落ち始めました

地面も紫色に・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子から・・・ かぼちゃ饅頭』

f:id:muramoto-wagashi:20211002190308p:plain

『御菓子司むらもと』の季節の和菓子 『かぼちゃ饅頭』です

 

久しぶりの二日続けてのアップです (^^)/

 

北海道産のかぼちゃを使用した 自家製のかぼちゃ餡入りの

お饅頭です

上に乗っているのは?

ローストしたかぼちゃの種です

 

二葉のようにしたのですが・・・

どこかの星の 異星人の目に見えてしまう?

シールを貼ると シルエットが猫の顔のよう?

 

一度 そう見えると そうしか見えなくなってしまう

不思議です (*^^)v