『工芸菓子から・・・ ひと区切り?』

f:id:muramoto-wagashi:20200925183109p:plain

 

『御菓子司むらもと』の工芸菓子(細工飾り菓子)です

 

工芸菓子は お菓子を使用して 作っています

花と葉っぱは 砂糖に餅粉を加えて作る 雲平製で・・・

枝としべは あんこに砂糖・米粉・糯粉を加えて作る 餡平製です

花粉も 新引き粉という和菓子の素材です

 

 

秋のお彼岸も・・・ 明けますね

敬老の日秋分の日と続いた 連休も終わり

ちょっと ここで ひと区切り?

工芸菓子もここまで仕上げられたら?

ひと区切り出来ます (^^)/

 

ここまでは(?) 頑張ろうとか

ここまでは やらないといけないとか・・・

ここまでという ひと区切りが いろんな場面であります

自分で勝手に作ったものですが・・・(笑)

 

目標があって それをクリア出来た時って

何となく やったぞ・・・という 満足感が(?)(^^)/

 

次の ひと区切りは・・・・

何処にしようか

 

目標を持たないと・・・ (^^;)

 

 

 

 

 

 

 

『上生菓子から・・・ 紫式部』

f:id:muramoto-wagashi:20200924175748p:plain

 

『御菓子司むらもと』の上生菓子 『紫式部』です

 

お店の横にある 紫式部もたくさんの紫色の実がついています

 

鉢植えのままにしておけば 良かったのですが・・・

元気が無かったので 地植えにしたら?

元気になりすぎて 困った物です (*^^)

 

一般的に紫式部と言われていますが 本当の名前?は

こむらさきと もう一種あったような・・・

興味のある方は 調べてみてくださいませ (笑)

 

今では調べるのも 容易になりましたね

自分は 使いこなせていませんが・・・(^^;)

デジタルは凄いですね

アナログなら いろんな資料を集めて 探して・・・・となります

 

でも

アナログの方が 楽しい 

探し物をしてても ちょいちょい脱線もしつつ

目的以外の事で 新しい発見があったり・・・

自分が主体で 物事を操作したりできるのも良い

オーディオもそうでした

 

デジタルは 楽で便利ですが

逆に 操作されている?ような 感じがあります・・・ (^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子から・・・ 栗蒸し羊羹』

f:id:muramoto-wagashi:20200920174205p:plain

 

『御菓子司むらもと』の季節の和菓子 『栗蒸し羊羹』です

 

すっかり朝晩 涼しくなりました

和菓子も秋らしく・・・

 

このタイプの栗蒸し羊羹が 数年続いていますが

今までいろいろなタイプがありました

枠に流し 蒸しあげてから カットしてみたり

耐熱の包装紙に入れて 蒸してみたり

等などと・・・

 

変わらないのは?

自家製餡した 小豆漉し餡を使用いている事

ここはこだわりですね (*^^)v

北海道産の とある銘柄の小豆を使用しています

 

自家製餡というのは・・・

生豆からあんこを作る事をいうのですが

普通は(一般的には) 生豆から こしあんを 作る事を言います

つぶあんを 作る事を 自家製餡とは いいません

それを言うなら 自家製のあんこ・・・ですね

 

 

自家製? 自家製餡?

まぎらわしい 言い方で 勘違いされている方も多いようですが

全然違うのです (>_<)

自家製のあんこだから 自家製餡ではありません

それは自家製のあん・・・ です

 

 

製餡作業は 時間も手間もかかります・・・

それだけに こだわりをもった 和菓子屋さんだけが

されているのでしょう

 

こしあんのもとになる 生餡は 製餡屋(あんこやさん)さん

から 仕入れる事が 出来ます 

 

自家製のあんと 自家製餡の違いは

今では 表示を見れば すぐにわかります

あんこの表示が 小豆あんとか白あんと 書いてあれば・・・

仕入れた生あんですが

小豆とか 手亡豆(白いんげん豆)とか 豆の表示が書いてあったら

自家製餡です

(和菓子一口メモ)← 懐かしい(笑)

 

栗と自家製餡の小豆漉し餡でこしらえた 栗蒸し羊羹でした (^^)/

 


 

 

 

 

 

 

 

  

『和菓子から・・・ 秋めいて』

f:id:muramoto-wagashi:20200917181852p:plain

『御菓子司むらもと』の和菓子です

 

蜜漬けの青梅が入った桃山製の焼き菓子です

種は入っていませんので そのまま召し上がれます (^^)/

袋入れしている写真です

 

梅は季節外れなのかも? しれませんが・・・

通年販売している 和菓子の一つです 

桃山製の和菓子で 通年販売しているのは こちらだけです m(__)m

 

桃山は 黄身餡につなぎを加えた 焼き菓子です

つなぎもいろいろ・・・?

・・・あります(笑)

 

寒梅粉といわれる 餅粉が一般的ですが・・・

求肥餅を加えたり する事もあります (^^)/

 

ほろっとした 食感の 桃山生地が 美味しいと思うのですが・・・

各店ごとに 違いもあると思います

いろいろ お試しいただけるのが 一番かと思いますので・・・

よろしかったら・・・

 

和菓子屋さんで 桃山製の和菓子を見かけたら

皆さま 楽しんでみて下さい (^^)/

 

少し秋めいてきましたので?

こんな和菓子の ご紹介でした (*^^)v

 

お店の冷蔵庫は おかたずけ(?) しましたが・・・

秋? (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『上生菓子から・・・ 秋は・・・』

f:id:muramoto-wagashi:20200912185859p:plain

『御菓子司むらもと』の『上生菓子』です

 

朝は 少し 涼しくなってきましたね (^^)/

 

9月9日は 9と9が並び 陽の数字が重なる 重陽でした

重陽節句には・・・

菊の花の上に 真綿をのせ 夜露と香りを移して 身体を拭い

長寿を願ったそうです

 

菊の香りを移す・・・って事をすることが

もうお洒落ですね (*^^)v

 

和菓子にも 『着せ綿』という上生菓子があります

真っ白なそぼろの餡を真綿に見立て 菊の菓子の上に

のせているのですが

 

『着せ綿』という 菓子を考え 拵えれる

和菓子の世界って・・・

凄いと 思います

 

少し涼しくなってきましたので

『菊』の上生菓子でした (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

『工芸菓子から・・・ トリックアート⁇』

f:id:muramoto-wagashi:20200910183820p:plain

 

『御菓子司むらもと』の『工芸菓子』です

 

葉っぱを 和菓子で作っているのですが・・・

 

 

資料用にと 写真を撮ったのですが・・・

確認してみると・・・・・・

 

ナニコレ?

 

中心が へこんでいるはずなのに?

中心が 盛り上がって見えます 

 

写真はそのままの位置で 頭?首を?

傾けて見てみると・・・・???

 

左右で 見え方が違います (^^)/

 

何も細工はしていませんので トリックアートではありませんが 

ちょっと面白かったので・・・ m(__)m

 

 

最初見た時 理解が出来ませんでした

カメラのせいなのか 自分がおかしいのか?・・・が(笑)


 

 

 

 

 

 

『工芸菓子から・・・ 再び?』

f:id:muramoto-wagashi:20200908181108p:plain

 

『御菓子司むらもと』の『工芸菓子』です

 

また? 作っています(笑)

 

 

時間を有意義に 使用しています?(^^;)

 

こちらを題材にした物は 現在お店にはありません

数年前に(忘れた?) 石川県観光物産館の方に持って行きました

完成していたものを 依頼されて持って行ったのですが

展示スペースの高さが足りず 無理矢理? 展示してきました

何もこちらに 連絡がありませんので・・・

たぶん 今も あると思います (笑)

 

こちらの題材は 主ではありません

次に予定しているものが 主になる・・・・

予定なの ですが・・・ (T_T)/~~~

 

時間を 有意義に使うため 秋の新作和菓子の用意も

しています

人に平等に 与えられたものは・・・

時間だそうです

誰にとっても 一日は24時間 同じ時間です

どう使うかは その人その人

 

8時間以上 睡眠をとり 昼寝もして 空いた時間を ボーっと過ごしたい

それが希望と 思っている自分が すぐ横にいます (笑)

一年に数回は 達成させて もらっています (^^)/