『工芸菓子から・・・ 変わった?』

f:id:muramoto-wagashi:20200704182352p:plain

『御菓子司むらもと』の『工芸菓子』ですが・・・

いつも通りの 制作途中です (*^^)v

 

以前 よく似た写真を紹介しましたが・・・・

少し違うと? 気が付いた方は いらっしゃいますでしょうか?

 

和菓子づくりにある はさみ菊という技法で 表現していますが

その後に 氷餅を付けました

すっかり こっちの方は 後回しになってしまっていますが

ちゃんと 気にかけています(笑)

 

あの状態(?)ならば しばらくは大丈夫だと 思っていましたが

やっぱり しっかり 自然乾燥していました

この時季なので(?)自然な湿度もそこそこあって まだまだ大丈夫だと

ろくに確認もせず 勝手に思っていましたが・・・ ぎりぎり?でした

ちゃんと くっついてくれていたら いいのですが・・・ (>_<)

 

 

氷室の日も なんとか 無事やり過ごす事が出来ました

(・・・・のかな?)

途中 品切れで 帰られたお客様も いらっしゃいました

追加 追加の製造に タイミング良くあったお客様も いらっしゃいました

蒸し立てのお饅頭は 熱々で 包装できませんので

冷凍庫で 粗熱を取っていましたが・・・

閉店後 冷凍庫が 霜で大変な事に なってしまい・・・

ついた 霜を取るという仕事が追加されてしまいました (^^;)

 

 

『御菓子司むらもと』で『氷室饅頭』を買ったら

蒸し立てのあったかいのだったと・・・・いう噂?

・・・が 当日 勝手に出回っていたようです

 

ただ・・・・

間に合っていなかった だけなのですが・・・ (^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子・・・水無月?』

f:id:muramoto-wagashi:20200629182423p:plain

『御菓子司むらもと』の季節の和菓子です

『水すだれ』です

 

『夏越の祓い』で・・・?

思い浮かぶ 和菓子といえば・・・?

先ずは・・・?

水無月』という和菓子でしょうか・・・・?

 

京都では 毎年 この時季になると 『水無月』という和菓子を

楽しみにしているのでは・・・・ 

ないのでしょうか? (^^)/

 

水無月』という和菓子は 小豆が上に並び 三角形の形をしています

 

三角形は 氷を表し 上の小豆は魔除け(邪鬼払い)を願っています

小豆は赤色で 赤は魔除けの意味があります

 

『御菓子司むらもと』でも 数年前まで 三角形でしたが

菓子名を変えてから このような 和菓子になりました (*^^)v

 

三角形の意味合いは 失われましたが

小豆を岩に見立て 隙間に見える外郎(ういろう)生地は

水の流れを 表してくれるように

能登大納言の鹿の子豆を並べています

 

水無月』とはいえませんが

邪鬼除けの効果だけは・・・・?

あり でしょうか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子から・・・ 氷室饅頭』

f:id:muramoto-wagashi:20200626191230p:plain

『御菓子司むらもと』の季節の和菓子です

 

白山菊酒を使用した 酒饅頭です

写真の 白色以外にも 赤色と緑色があります

順に 小豆漉し餡入り・小豆潰し餡入り・白漉し餡入りです

ですが・・・(?)

商品名は・・・・・?

『氷室饅頭』です (^^)/

 

加賀藩関係? 金沢市? 石川県内?では 氷室開きの日(7月1日)に氷室饅頭を食べる 風習があります

 

無病息災を願ってなのですが・・・

今年は 新型コロナの事もありますので 多くの人に召し上がって頂きたいですね

関係あるのか? 効果があるのか?は 判りませんが

そう願う気持ちが 一人一人の 行動にも繋がるのでは・・・? 

氷室饅頭を食べて 無事に夏を越せ 一年健康で過ごせたと・・・

なったら いいですね (^^)/

 

割った?

お饅頭は おなかの中に 消えていきました(笑)

 

もうすでに ご注文があって(週末にも) 販売していますが

氷室の日は・・・?

まだですが・・・

当日は 定休日ですが・・・

営業いたします (*^^)v

 


 

 

 

 

 

 

 

『工芸菓子から・・・ 追加?』

f:id:muramoto-wagashi:20200622183106p:plain

 

『御菓子司むらもと』の『工芸菓子』ですが・・・ 

ちゃんと続けています (*^^)v

 

・・・が そろそろ一区切りをつけないと いけない時季になってきました

制作途中のものが 無駄にならない様にしないと・・・(^^;)

 

この後しばらくは お店の仕事に 時間を取られてしまいます(?)

お店の仕事のために働く それが 正しい和菓子屋さんですが・・・(笑)

 

 

写真の奥で ぼやけているのが 少し前に出来た物なのですが

始めて作った物なので どうなんだろう?と

眺めているたびに 思うようになり

作り直し? 追加?

完成の 締め切り期限はありませんので(笑)

後は 本人のやる気次第ということで・・・

やる気のある間に やってみてます (^^)/

 

 

 

関係のない話(?)ですが・・・

ブログのタイトルの付け方ですが・・・

ちょっとだけ 変えてみました

 

ここしばらくは 内容(本文?)と 絡んでいて

また 他人がそれ程(?)興味がわかないような言葉にしていました

これって? 実はブログを書く前に 内容以上に考える時間がかかっていました(笑)

 

特にこちらのブログに なんの興味も無いのに・・・

やって来られても・・・

足跡を(はてなスター)などを 残されたら・・・

後の対応に 時間がかかりますので

極力 簡単に訪問?されないような タイトルにしていましたが

無駄なようです・・・

 

それならば ブログの中で 判りやすい物の方が良いのではと・・・

前回から 変更してみてます (*^^)v

 

ブロガーさん?以外の方の ブログには

こちらからも お邪魔させて頂いています m(__)m

こんなブログですが・・・ 

はてなスター 付けて頂いてありがとうございます (^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

『季節の和菓子から・・・鮎』

f:id:muramoto-wagashi:20200618180142p:plain

『御菓子司むらもと』の 季節の和菓子です

鮎釣りも解禁になりました

・・・が 解禁前に凄い雨が降りました (^^;)

川は濁流? 水かさが増し?

釣れたのでしょうか?

 

土砂災害警戒情報なども出てましたからね・・・

 

この時季 和菓子屋さんにいくと・・・

 

和菓子の鮎が 並んでいます (^^)/

調理もせずに そのまま食べられます

お近くの和菓子屋さんで 初物を楽しんでみてはいかがですか? (*^^)v

 

 

『御菓子司むらもと』の 鮎はぷっくらと?

おなかいっぱいに詰まった 求肥餅(羽二重餅)のせいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

『あっちとこっちと・・・』

f:id:muramoto-wagashi:20200615184246p:plain

『御菓子司むらもと』の『工芸菓子』です

 

あっちをやったり こっちをやったり しています

 

同時に複数のものを 作っていますが 良い面と悪い面があります(笑)

 

 

悪い面は・・・

時間に追われてしまう事です

工芸菓子を作る時は タイミングが? 重要です

生乾きの時にする 半乾きの時にする 乾燥してからする 等など・・・

作る物によってや 作業?によって違います

生地がどの状態になったかを見ながら 作業しないといけません

 

半乾きでやらないといけない作業が 半乾きを超えて

乾燥してしまったら もう出来ません

後戻りが出来ないのです (>_<)

 

半乾きの時にする仕事は 半乾きの時だけしか出来ません

半乾き?って・・・・

いつ?・・・ ・・・・になったら? なるのでしょうか・・・?

 

時間で判断できません(笑)

その日の 気温や湿度で違いますし 風があたれば また違います

毎回 直に生地を触って 確認しています(自分だけかな? 笑)

作業のタイミングが 偶然にも 重なったら・・・

作業は 待ってくれません

あっちもこっちも やってしまわないと・・・ (^^;)

 

 

良い面もあります

乾燥時間待ち?・・・を 減らすことができます

半乾きでは無く 乾燥してからでしかできない

乾燥待ちという 時間も 結構多いのです

 

この時季は 乾燥するまでに時間がかかります

いざ乾燥したとしても もどりという現象?があります (T_T)

乾燥したと思っても 高湿度になると また柔らかく戻ってしまいます

 

乾燥時間待ちの間に 他の作業が出来ます

あっちの乾燥を待っている間に こっちの別の仕事が出来ます

 

頭の中も? 

ずっと直視して それだけを見ていると視野が狭くなってしまいます

別の作業をしていると 今までやって来たものも

また違った 別の角度から見直すことも出来たりします

 

カチカチの頭では ダメ?

少しは 余裕をもって 柔軟に発想しないと・・・

 

そんな時間を 少しだけくれるのが 

一つだけに向き合わず?

あっちと こっちも 同時にしている良い面かな・・・? (*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『加賀棒茶わらび餅・・・』

f:id:muramoto-wagashi:20200611181252p:plain

 

『御菓子司むらもと』の季節の和菓子 『加賀棒茶わらび餅』です

あんこ入りのわらび餅です

 

柔らかくぷるぷるとした加賀棒茶のわらび餅に 自家製の北海道産小豆

こし餡入りです

写真では 何の変哲もない(?)わらび餅なのですが・・・

この普通(?)に見える様に いろいろと工夫してみました

 

ぷるぷると柔らかい生地で 普通の(?)小豆漉し餡を包むと・・・

UFOのような形になってしまいます(笑)

菓子業界で言う 座布団を敷いたような形?

あんこと生地の硬さが合わない時に 起こる状態?です

そうならない為に・・・

少し 工夫してみました (*^^)v

 

ぷるぷるが ぷるぷるのまま 味わえるようになったと思っています

後 加賀棒茶の香りと味わいも・・・・ (^^)/

 

 

日中は凄い雨でした 

こちらも 梅雨入りしたそうです

風薫る時期は どこへやら・・・

楽しむことも無く 梅雨入りに・・・

 

梅雨の間に 工芸菓子を作るのは

いい事と 悪い事が 両方起こります(笑)

湿度との戦いが 始まるのかな・・・? (*^^)v